ピアノ講師の平凡日記(記録用)


by ch7qj6u1fr

<   2010年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 2006年に鹿児島などに大きな被害をもたらした豪雨の激甚災害対策特別緊急事業での用地取得をめぐり、地権者から現金500万円をだまし取ったとして、鹿児島県警捜査2課などは24日、詐欺容疑で国土交通省九州地方整備局川内川河川事務所用地第1係長本坊益隆容疑者(54)=鹿児島市小野=を逮捕した。同課によると、容疑を認めているといい、同課などは動機を調べている。
 逮捕容疑は、08年8月から同年11月、川内川河川激甚災害対策特別緊急事業の用地取得に伴って、取得用地の地権者だった同県姶良市の男性(77)に「(土地を買い取る前に)業者に立ち木の伐採代金を支払うので現金を準備してください」などとうそを言い、数回にわたって現金計500万円をだまし取った疑い。 

【関連ニュース】
時事ドットコム天気予報・関東甲信越の天気
時事ドットコム天気予報・東北地方の天気
時事ドットコム天気予報・北海道の天気
時事ドットコム天気予報・東海地方の天気
時事ドットコム天気予報・近畿地方の天気

<口蹄疫>高速バスに消毒液マット(毎日新聞)
機密費使途、前任者から説明受けず=政府答弁書で官房長官(時事通信)
小室哲哉氏の会社に4万ドル支払い命令(産経新聞)
未婚・世間体・不倫…赤ちゃんポストに年15人(読売新聞)
<交通事故>デイサービスの送迎車衝突 5人重軽傷 岐阜(毎日新聞)
[PR]
by ch7qj6u1fr | 2010-05-28 18:05
 平成21年の自殺者数は、前年よりも596人(1・8%)増えて3万2845人と12年連続で3万人台を記録したことが13日、警察庁のまとめ(確定値)で分かった。昭和53年の統計開始以降5番目に多い人数。

 原因・動機は、「失業」や「生活苦」が急増するとともに、「鬱病(うつびょう)」が動機判明者の約3割に上った。警察庁では「一昨年秋のリーマン・ショック以降、失業者が増加したことが自殺の背景のひとつになっているとみられる」としている。

 性別では男性が2万3472人(71・5%)、女性が9373人(28・5%)。

 原因・動機が特定できた自殺者2万4434人のうち、「経済・生活問題」が前年比13・1%増の8377人だった。具体項目では、「生活苦」が前年同期比で34・3%増の1731人、「失業」が65・3%増の1071人とそれぞれ大幅に増加した。「事業不振」も1254人いた。一方、「健康問題」を原因・動機とする自殺は1万5867人で、このうち「鬱病」が前年比7・1%増の6949人とすべての具体項目の中で最も多かった。

 年代別では50歳代が6491人で全体の19・8%を占めて最多だった。10万人当たりの自殺者数を示す「自殺率」では、20歳代が24・1、30歳代が26・2と、統計開始後の最悪を更新した。

                   ◇

 ■失業との関連、国が研究も

 「失業」と「自殺」の関係について、国が本格的な研究を始める可能性が出てきた。13日に開かれた国家公安委員会で研究の必要を説く意見が出た。今後、政府として対応するよう関係閣僚などに働きかけるという。

 警察庁の自殺者統計によると、自殺者数は昭和53年から平成9年までは2万人台で推移していた。10年に初めて3万人を突破し、その後は12年連続で3万人を超えている。

 一方、完全失業率は昭和53年から平成6年まで2%台を維持し続けたが、その後は上昇を続け、14年に5・4%を記録。その後、19年に3・9%に下降したが、21年には5・1%と再び5%を超えた。

 自殺者数と完全失業率のグラフのカーブは、昭和50年代から平成16年まではほとんど一致しており、「雇用の創出、確保が最大の自殺防止策」(政府関係者)であることをうかがわせる根拠ともなっている。

 ただ、失業率は14年のピークから19年までは5年連続で下降したにもかかわらず、同時期の自殺者数は減少することはなかった。

 自殺対策に取り組む政府関係者は「高い人数で推移する自殺者数の根底に、失業や貧困問題があることは間違いないだろう。しかし、失業率が下がった時期に自殺者数が高止まりした背景にあるものは何かを、専門家の手で分析、解明しなければ真の対策はとれない」と指摘している。

「命を扱う医師が…」「愚かだ」 不同意堕胎容疑の小林容疑者に憤りの声(産経新聞)
元名人に中止命じる=集合住宅の猫餌やり訴訟−東京地裁支部(時事通信)
南海高野線 快速急行にはねられ高1女生徒が死亡…大阪(毎日新聞)
エルニーニョ現象、終息へ=北日本の夏は涼しく−気象庁(時事通信)
<自民党>青木幹雄氏、参院選出馬を断念 体調不良で入院(毎日新聞)
[PR]
by ch7qj6u1fr | 2010-05-20 06:46
 国民新党代表の亀井静香金融・郵政担当相は7日の閣議後会見で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題で、「辺野古の海に帰ってくることはあり得ないと思う。沖縄県民にとっても、『くい打ち』が受け入れられるのはなかなか難しい」と述べ、政府が検討中の米軍キャンプ・シュワブ沿岸部(同県名護市辺野古)か沖合にくい打ち桟橋(QIP)方式で滑走路を建設する案は困難との見方を示した。

【今さら聞けない 図説でおさらい】どうして普天間問題がこじれているのか

 社民党党首の福島瑞穂消費者・少子化担当相は同方式に反対を表明しており、連立を組む社国両党が反対の意向や難色を示したことで鳩山由紀夫首相は一段と厳しい状況に置かれることになる。国民新党はシュワブ内の陸上部への移設案を提案している。【朝日弘行】

【関連ニュース】
【空からみた写真特集】移転先候補となった徳之島はどんな島か
【写真特集】現状の普天間基地はなぜ問題か 写真でみる
【首相の一問一答のことばを読む】普天間「覚悟を決めて臨んでる話」4月15日
普天間:鳩山首相 「5月末決着」変更なしを明言
民主党:山岡氏「普天間は雲の上の話」と発言 抗議で撤回

湯浅氏、再び内閣府参与に(時事通信)
携帯で殴る、つまようじで刺す…修学旅行で生徒にけが 法政大中高の体育科元教諭ら2人書類送検(産経新聞)
公務員の労働基本権 ILOで回復表明へ 仙谷担当相(産経新聞)
「景観失格」解消…斜陽館前の架線を地中化(読売新聞)
「電力会社と取引」とウソ 2千万円詐取の元社長ら逮捕  (産経新聞)
[PR]
by ch7qj6u1fr | 2010-05-12 22:42